一般的に焼肉といえば牛肉のイメージ

お肉を食べて美味しかったのはジンギスカンです。ジンギスカンとは何かというと、お肉を焼いて頂くお食事です。
一般的に焼肉といえば牛肉のイメージがありますが、ジンギスカンでは羊のお肉をいただきます。
いろいろな土地にいろいろなお肉の食べ方があります。東北地方の芋煮は焼肉ではありませんが、近年有名になっていますね。
大まかに言って、仙台を中心とする太平洋側では豚肉、山形を中心とする日本海側では牛肉を使うそうです。
また、関西圏でバーベキューといえば牛肉を食べるのが普通です。
そして、北海道で仲間が集まり楽しく食べる焼きものパーティがジンギスカンです。
ジンギスカンでは羊のお肉を頂くと述べましたが、その内訳にはマトンとラムがあります。マトンは大人の羊肉、ラムは仔羊のお肉です。
どちらを美味しいと感じるかは好みの別れる所です。マトンは濃厚で通の味わいですし、ラムは軽やかな癖の少ない美味しさです。
私はどちらかといえばマトンが好きです。熟成された大人の味わいを感じます。もちろん、ジンギスカンそのものが大好きなので、どちらもしっかり頂きますが。
羊の他にイカやホタテなどと組み合わせるとまた違う趣が楽しめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする