金魚のお話をしようと思う。

金魚ってたまに夏祭りとかで金魚すくいがあるじゃないですか?

あれ子供がしたがって、やったは良いものの、その後どうすれば良いかわからなかったりしませんか?

金魚用の水槽だけでは水中酸素が薄くなってすぐに金魚がへばってしまいます。

酸素吸入器を水につっこんでおくようにしましょう。

そして水もにごるので、定期的に変えて上げる事も大事。

水道水にはカルキが入っていたりするので、そこらへんも気を付けたいところです。

あと、イキが良すぎる金魚は水槽がジャンプして飛び出してしまいます。

これ、意外とよくあることなんですよ!

そんな時のために、水槽には網をひいていくと良いです。

一番気をつけたいのは、エサを与え過ぎないこと。

金魚ってのは面白いもので、エサをひたすら食べ続けます。

※全員ではないですが。

エサの与えすぎは短命の原因となってしまう場合があるのです。

何事も控えめが一番。

人間と似てますよね(笑)

異常が金魚を飼うときに気を付けたい事です。

わかりにくくなかったですか?

金魚といえど命。

大事にする心を忘れないようにしてあげてください。

ヒートスリム42℃の口コミと効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする